ガールズバーのここが好き

昼から営業のガールズバーに入店

周辺エリアで初のお昼から営業のガールズバーに入店しました。特に夜じゃなきゃ困るわけでもなく、短期で無理がない程度に働いてちょっとお金を貯めたい考えでしたから、その求人に応募しました。そのお店の営業時間は翌5時までなんで、早い話が他のお店よりも早い時間にお店を開けている、といったものです。夜に働きたければ夜のシフトに替えてもらえばいいし、といった軽い考えでした。時給の方は昼でも夜でも変わらないんで、好きな時間帯でバイトして構わない、といったことにはなります。ドリンクバックの分でちょっと違いが出るかも、ってぐらいではあるかもしれません。まだ日が昇っているうちに来るお客さんの場合、長居することはまず珍しいですから、ドリンクバックも何杯分とはいかなかったりするからです。ただ時給だけでも居酒屋とかカフェ店員やるよりは全然いいですから、お給料がいい仕事にはなるでしょう。他のガールズバーでバイトするのに比べて、都合を付けやすいところはいい点かもしれないと思ってます。

女性画像

あんまり縛りがなさそうなお店でアルバイト

髪型にネイルもピアスOKで私服でお仕事できる、と求人に書いてあるガールズバーに応募してみました。あんまり縛りがなさそうだから、アルバイトしやすいんじゃないかと考えたからです。待遇としては大入り手当や各種バックありで、日払いも可能と都合のよい条件がそろってました。あとたとえ私服勤務でも個人用のロッカーは使わせてもらえるということでしたから、なおさら条件がいいように思えました。もう数年ほど営業しているお店なんで、お客さんの入りは安定しています。いい感じに稼がせてもらえるんじゃないか、そんな風に思えました。シフトは1週間おきに申告するカタチなんで、急に今日お店に出たいとなってもそれは難しいですが、今のところそういう必要も出ていないんで、不便さは感じていません。それでも月1でも構わないとされていますから、お店に出るのを強制されるわけでなく、自分の都合に合わせてシフトを入れとけばいいだけのことです。働きやすいお店なんじゃないかとは、思っているところです。

気楽で安心な上に悪くないお給料に惹かれて

気楽で安心に思えて、それでいてお給料もちょっといいことに興味惹かれてガールズバーのアルバイトを始めました。飲み屋さん系の仕事としては必ずしも時給がいいってわけでもないんですけど、仕事内容とお給料のバランスがいいんじゃないかと考えたからです。他にもっと時給のいい水商売の仕事もありますけど、やたらと気を使う割にはお給料が見合ってないようにも思えました。いくらお金が良くても、毎回大変な思いしながらじゃ長続きできないんで、それも考えて続けられやすい仕事がいいなと考えたからです。いろんなガールズバーの求人見て選んだのは、永久での時給保証を用意しているお店です。お店の売上によってお給料が全然入らなくなっちゃうのは、勘弁して欲しかったからです。パーカーとショートパンツといったスタイルで女の子はお店に出ます。ラフでカジュアルな雰囲気もあるんで、お客さんは若い人が多いです。大体自分よりちょっと上ぐらいの人とか、それなりにいい年齢の人でも気さくな人がほとんどなので、会話もしやすいです。ガールズバーには珍しく、仕事終わりに家まで送り届けてもらえるので、運良く待遇のいいお店に入店できたような気がします。

繁華街から外れたガールズバーでバイト

ナイトワークのバイトでお金稼ぎたいけど、繁華街で働くのは避けたいな、といった想いもありました。知りあいに偶然バッタリというのは、できれば避けたかったからです。でも繁華街を離れれば求人も減ってくるしで妥協するか悩んでたんですけど、ちょうどガールズバーの求人が挙がっているのを見つけました。新規オープンのお店で、それに合わせて求人を出しているようでした。時給を見ても特に安いという感じはなかったんで、ここがいいかもと応募しました。実際に入店してみて、その仕事自体は他のガールズバーよりも楽なんじゃないかと思えるほどでした。カウンターに立てばお客さんにお酒作ったりするもんですが、それはホールスタッフがほとんどしてくれるからです。だからホントにお酒出してお客さんの話しに付き合って、といったぐらいです。繁華街から外れて不便という面もあるんで、仕事終わりにはしっかり送りも用意してもらえます。ある意味結構恵まれた環境で、仕事をさせてもらえているような気もしてます。

金銭的な余裕が欲しくてガールズバーに

生活していけるだけのお金があったら、別に大丈夫なんていう人もいますが、金銭的な余裕があるとないとではやっぱり心の余裕も違ってきます。生活が苦しくていつもお金の心配ばっかりしてたら、精神的なゆとりもなくなって楽しいことを考えなくなってしまいます。逆に金銭的にゆとりがあれば、些細なことも気にしなくなって心にゆとりが生まれます。これまでの私は金s年的にぎりぎりの生活が続いて周りにもきつく当たっていたような気がします。そんなゆとりのない生活から脱出したくて夜のお仕事の求人から選んだのがガールズバーのバイトでした。キャバクラにも面接に行きましたが、お店の人がちょっと偉そうでちゃらかったのと結構競争が激しい雰囲気だったのでパス、ガールズバーの方はお店の人もしっかり内容を説明してくれたので好感を持ち決めました。実際お店に出て働いてみてもあまり緊張せず楽しく働くことができました。金銭的にもゆとりができてしっかり貯蓄もしています。将来的にお店が出せたらいいな。